2005年10月27日

疑心暗鬼

製薬会社などのサイトを見ていると、「一般の方」と「医療関係の方」と別の入口があることが多い。で、後者の場合、「あなたは医療関係者ですか」みたいな質問に「はい」と答えるだけで入れるところと、会員登録しなければならないところがある。で、会員登録でも「医師」に始まって「医療事務」「その他」と、悪く言えばごまかしのきくところと、「その他」も含めて勤務先施設の名称や住所まで入力しなければならないところがある。

医薬翻訳者といっても医療関係者とはいえないような気がするので、小心者の私は施設まで問われると、無理かな、とあきらめてしまう。そこまで聞かれないなら、「医療事務」や「その他」当たりで登録することもある。こうしたページは宝の山で、さまざまな情報が得られる(詳しく書くと足がつくかな?)。なんで、「一般の方」と分けるのだろう? 見て卒倒する人がいるから? 患者さんには教えたくない「ヤバイ」情報があるから? 単に「一般人」と「別の世界の方」と分けたいから? どうなんでしょ? 全部公開しちゃえばいいのにねーー。もったいぶる理由がわかりません。

ということで、小心者の私が気軽に閲覧できるように、製薬会社のみなさま、ご検討くださいまし。

posted by とろりん at 15:07| Comment(4) | よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です〜!私も何度かあきらめてすごすご帰ってきた経験ありです。
別に有料でもないのに、一般の人に知られてはならない、何かがあるのでしょうか・・・
エグイ画面とかでしょうか・・・
まあその辺も、参考書で目にしたりしていますもんね。ホント、何とかしてほしいです。
Posted by 主婦 at 2005年10月27日 16:28
隠し事(?)をされると余計気になっちゃいますよね。以前潜り込んだ「医療関係者」向けページには、「医師」で登録した人しか入れない掲示板がありました。何はなしてんだろーとちょっとコワかったです……。

Posted by とろりん at 2005年10月28日 06:14
はーい、私も入れない小心者です。画面に向かって「うーーんっ」と考えながら、結局何のアクションも起こさずに、終わってしまいます・・・。
Posted by さゆママ at 2005年10月28日 08:21
「医療関係者」にとって有益な情報であれば、患者さんを含む一般の人にも有益(なはず)だと思うのですが、不思議ですよね。
Posted by とろりん at 2005年10月28日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。